博士の愛した数式

今となっては大変有名になりました「本屋大賞」。

全国の書店員さんが過去1年の間、書店員さん自身が自分で読んで「面白かった」、「お客様にも薦めたい」、「自分の店で売りたい」と思った本を選び投票するそうです。
芥川賞や直木賞などの有名な賞よりも、なんだか身近に感じますよね。

過去の大賞作品は、リリー・フランキー「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 や、湊かなえの「告白」など。

2011年の本屋大賞作品は、本日4月12日の夜に発表になるようです。
今年の大賞作品はなんでしょうね、楽しみです。

ちなみに大賞を受賞した作家さんには、副賞として10万円分の図書カードが送られるそうです。
いいなぁ・・・10万円分も本が買えるなんて。
思いっきりドーン!と好きな本を買ってみたいものです。

 

博士の愛した数式
博士の愛した数式

posted with amazlet at 11.04.12

小川 洋子
新潮社
売り上げランキング: 33604

 

記念すべき本屋大賞第1回の大賞作品です。

読了後、とても暖かい気持ちになったのを覚えています。

コメントする